上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月19日土曜日、東京は雨模様。彼方に霞む高層ビル群を横目に私はサイレントヒル静岡へ向かう。

割と早めに東京を出たからのんびりと在来線で向かったのだが、途中乗る電車を間違えるとゆうアラサー男子にあるまじき失態を犯してしまい余裕で間に合うはずだったのに遅刻してしまいました…すいません!


私が焦ったところで電車のスピードが上がるはずもないのだが、心に余裕がないと旅情を楽しむ暇もないよ。勿体ないことをしたな。


前回の日記で夜行バスが好きだと書いたのだが、正確には乗り物全般が好きなのだ。もっと言うと乗り物が動いている状態が好きだ。

自分は座っているのに前に進んでいるとゆう感覚が心地よい。やはり俺は他力本願だ。だから電車乗ってる時の通過電車待ちは死ぬほど嫌いだ。


磐田駅に着くと主催の碧さんが駅まで迎えに来てくれていた。遅刻してたから気を揉んで仕方なかったんだろうな…碧さん…すいません!


1年ぶりの磐田FMstageは変わりなく、街並みも相変わらずだった。変わったことと言えば、近くのコンビニの可愛い店員さんがおっさんに変わってた事くらいだ。何だか悲しい。



ライブは途中で弦が切れるアクシデントもあったけど、終わった後に残尿感のような不快感はなく、非常にスカッとした心持ちで終わることができた。やはりやり残した事があってはいけない。


碧さんとの出会いは4、5年前の浜松メスカリンドライブだった。


当時俺はAND NO MOREとゆうバンドをやってて、ライブ後メスカリンドライブの入り口付近で機材を搬出する為機材車待ちしてる時に話しかけてくれた。

ちなみにその時のライブには19日一番最初に出てたHUM A NAMEのドラムボーカルのゆうすけも見に来てくれていた。


思えば今ある静岡での繋がりは全部碧さんから枝分かれして繋がってる。つまり俺の友達の静岡人を辿り辿れば碧さんに繋がるとゆうことだ。ナメック星の最長老のような人である。頭に手を置いてもらったら眠っていた潜在能力が目を醒ますかもしれん。


俺のような男にも静岡の人達はとても温かい。こうやって旅の途中俺が受けた優しさを今度は俺が誰かにする番だ。そうすることが大切なんだと俺のようなヒールでも思うわけですよ。旅は心を浄化する。


出発前荷造りしてたらリュックに少し余裕ができたから、新しい音源をもう少しだけ詰めた。その新しい音源もちょうど全部なくなった。


「かさばるしなぁ…」と迷ったけど、いい判断をしたあの時の俺を誉めてやりたい。


俺は音楽で金儲けはできないが、金では手に入らないものを音楽を通して得ることができる。


何一つ形として残ったものはないが、音楽を通して得たものは紛れもなく俺の財産だと胸を張って言える。一銭の金にもならんと金を掴んだ奴は笑うかもしれんけど、「金などいらん!」と思いはしないが張る意地はある。


負け犬の遠吠えで十分だ。


静岡ありがとうございましたm(__)mまた来ます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://andnomoremori.blog23.fc2.com/tb.php/332-2d499c4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。