FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.31 8月31日
夏の終わりとゆうやつは素知らぬ顔して喪失感や虚無感や焦燥感等がない交ぜになったカテゴライズし難い感情を携えてやって来て、それを置き去りにして自分はとっとと過ぎ去ってしまう。

本当に勝手なやつだ。罪なやつだ。だがしかしどうしても嫌いになれない。いや、なんなら好きだ。


毎年この日に決まって聴く歌が数曲ある。ブルーハーツの「DUG OUT」や真島昌利の「夏のぬけがら」はアルバム一枚を通して聴くし久石譲の「summer」やユニコーンの「自転車泥棒」なんかも秀逸だが、私が胸を締め付けられて仕方なくなるのがダブルフェイス大先生の「夏の断章」だ。


そうだ今日で区切りなのだ。忘れないようにこの夏に栞を挟むのだ。


次から次と告げられる終わりの言葉「さよなら」今にも崩れてしまいそうだ。今にも壊れてしまいそうだ。


目の前から消えてくれ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://andnomoremori.blog23.fc2.com/tb.php/280-62d3c11b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。